「 めがね 」 一覧

バイセクシャル課長(1)男同士編

男も女もいけるバイセクシャル課長。男らしいルックスにラグビーで鍛えたむっちりした体、精力絶倫のドスケベ課長です。男にしゃぶられて甘い声をもらし、乳首を吸われながらしごかれて……。男同士で交わる2編を収

続きを見る

巡査部長(2)小杉巡査を犯す巡査部長

巡査部長が部下の小杉巡査のケツを執拗に犯す作品。「お前、うまいなぁ」小杉巡査の尺八が上手く、ビンビンに勃起させた巡査部長のマラにまたがって結合したせいで巡査部長の体に火を点けてしまったのか、正常位に押

続きを見る

親父に溺れて(1)58歳親父の秘肛

58歳の好き者親父が46歳中年の太魔羅で犯される。58歳の半ハゲ親父は若い頃から男ひとすじ。男にしゃぶられると腰がふるえるほど感じてしまう。もち ろん男のモノをしゃぶるのも大好き。それが太魔羅だったら

続きを見る

あぁ抜かないで

細身熟年のアナルモロ感オヤジがケツをグジャグジャに責められて狂い死に!細身熟年オヤジはせっかくの巨根の持ち主なのにマラをいじられるよりもアナルだけを責められたい変態オヤジ。50代の巨根紳士のマラを尺八

続きを見る

泡沫の情事

憧れの『こんすけ』のリーマン姿に、顔もほころぶ『久保取締役』 一夜だけと知りつつも、かりそめの恋人関係を楽しむ2人…。 ひとときの激しい情事に身をまかせ、恥態の限りをつくす中年紳士達![/video]

続きを見る

同僚の菊穴

以前から気になっていた同僚を、ホテルに連れ込んだ島田課長。 相手がゲイであることを確信すると、ねっとり前戯のあと、同僚のケツマンコにいきり立った魔羅を挿入する!![/video]購入はこちら

続きを見る

掘って候 ~紳士穴結合~

ケツマンコがモロ感の久保さんと島田さんは双頭ウナギで孔を拡げ合い、連結! それだけでは喰い足らず、サオ師の巨根を交互にぶち込まれ、大声で泣き叫ぶ…まさに淫乱紳士!![/video]購入はこちら

続きを見る

菊穴入根 ~マッサージ師狩り!~

出張中の林さん。疲れをとるために呼んだマッサージ師は自分の好みのタイプ…。 思わずマッサージ師の股間をまさぐると、お互いのマラが反応! おもいもよらぬ獲物に大喜びの林さんは、激しい腰つきでマッサージ師

続きを見る

淫獣(秘)会議 ~林常務と島田課長~

上司と部下の淫らな一夜…濃厚なキスの後、互いの衣服を一枚また一枚と剥ぎ取る度、徐々に獣と化する二人。 我慢しきれなくなった島田課長は、林常務のいきり勃ったマラを自らのケツマンコに埋めて、快感の雄叫びを

続きを見る

「重役白書」パート2 営業部長アナル接待

恋人関係にある取引先相手の部長と人の目を盗んで密会する営業部長。久しぶりの逢瀬に気持ちは昂ぶる。まったりしたキスを交わした後は裸になってお互いのマラをしゃぶり合う。いつ見ても惚れ惚れするような部長のデ

続きを見る

ガバ穴ダディー

普段は真面目でやさしい教師。 しかし…いったんケツマンコを弄られると「おまんこきもちいい…おまんこにちょうだい」と卑猥な言葉で太マラをおねだりする淫乱ダディーに大変身![/video]購入はこちら

続きを見る

BIG PAPA(2)パパのアナル受け

ビッグパパと巨根のクマさんが、激しくもねっとりとした大人のアナルセックスを繰り広げた作品。クマさんの巨根をしゃぶりにしゃぶるビッグパパ。よっぽど巨根が好きなのか、食らいついて離さないドスケベ淫乱パパで

続きを見る

「中年時代」パート1 中年親父たちの熱い穴結合

ハッテンバのトイレで知り合った眼鏡父さん(50歳172cm86kg)と短髪親父(47歳165cm76kg)が意気投合して激しく絡み合う。短髪親父の極上アナルをじっくりと味わう眼鏡父さん。短髪親父もアナ

続きを見る

行きずり

170×92、ムッチリ固太りの佐々木主任が、自ら3Pを志願! 太マラを口にねじ込まれ、ケツをズボズボ犯される超ハード悶絶編!! [/video] 購入はこちら

続きを見る

慰め褌助

50歳、165×86、白い六尺が似合う『こんすけ』。 自慢の太魔羅をコックリングでしめあげ、ガチガチに怒張した太竿を雄叫びと共にシゴキ続ける! [/video] 購入はこちら

続きを見る

狂衆 ~マラ立ちて~

尻穴ガバガバのお父さんが口とケツを男根で犯されまくる! 狂った様にサカリ合う3人の淫乱紳士達! 女にされたお父さん!! [/video]

続きを見る

欲情の瞬間 ~越中リーマンカラミ編~

ホテルで逢引する、2人の欲情リーマン。 邪魔な服を脱がせ合い、越中褌の下の肉棒を求めてサカリ狂う。 我慢しきれなくなったタチリーマンは、メガネリーマンの熟れたケツマンコをガンガン掘りまくる! [/v

続きを見る

PAGE TOP ↑